CiNii Researchの本公開について

物理的消毒法の効果と普及

この論文をさがす

抄録

物理的防除法は,農薬を用いた化学的防除法に比べ環境負荷の少ない土壌消毒法であり,太陽熱消毒あるいはその変法である土壌還元消毒,蒸気消毒,そして熱水土壌消毒法などがある.太陽熱消毒・土壌還元消毒は実施時期と効果の不安定さが課題となり,蒸気消毒は作業労力や実施規模が制約要因となる.これに対して,熱水土壌消毒法には消毒効果のみならず土壌の顕著なリフレッシュ効果があるため,結果として処理コストを上回る収量増が得られる.今後は,農薬を用いた化学的防除のみならず,物理的防除,拮抗微生物や対抗作物を利用した生物的防除の三者を的確に組み合わせた総合的な土壌病害防除体系の確立が望まれる.

identifier:724251

identifier:ZZ20014004

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ