【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

SSRマーカーによるナス品種鑑別法の開発

この論文をさがす

抄録

水ナスにおける科学的な表示裏付け技術を開発するため、在来系統および民間種苗業者の水ナスと、水ナス類似品種12種を5種類のSSRマーカーを用いてDNAシークエンサー、アガロースゲル電気泳動装置およびマイクロチップ電気泳動装置にてそれぞれ検定した。DNAシークエンサーによる検定では、3種類のマーカーを用いて12種が11集団に識別された。本法は識別能力が高く、自動分析のため手作業が少ない反面、検出時間が長く、機器・試薬が非常に高価であった。アガロースゲル電気泳動装置による検定では、4種類のマーカーを用いて12種が7集団に識別された。本法は識別能力が低く、手作業が多い反面、機器・試薬が非常に安価であった。マイクロチップ電気泳動装置による検定では、5種類のマーカーを用いることでDNAシークエンサーと同じ識別が可能であった。本法は識別能力が高く、検出時間も短かく、機器・試薬コストは前述2法の中間であった。

identifier:740288

identifier:ZZ20009763

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ