CiNii Researchの本公開について

文学から見た農村

書誌事項

タイトル別名
  • 詩人たちは農村に何を見てきたのか

この論文をさがす

抄録

文学から見た農村。詩人たちは農村に何を見てきたのか。詩的真実という言葉がある。自然科学的な客観的真実とは別に、人間が五感で感じ取り、主観の中で整理する真実である。人間として生きる限り、この真実は重い意味を持つ。詩人が描き出す「村」は、現実の農村とは客観的には異なるであろう。しかし、人間として生きるうえで無視することができない「詩的真実」にあって、「村」はさまざまに美しく語られる。農村の多面的機能ということが盛んに言われているが、実は、村とは、そこにあるということだけで、さまざまに生きる人々の心の支えとなっているのかもしれない。そうした村の姿を、詩の中から探っていこうと思う。

identifier:751948

identifier:ZZ00014870

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

キーワード

詳細情報

ページトップへ