CiNii Researchの本公開について

富山県二次林の主要樹種の資源量(1)

書誌事項

タイトル別名
  • 推定結果

この論文をさがす

抄録

現存植生図と現地林分資料(コナラ群落[472km2]=166プロット、ヤマツツジーアカマツ群集[32km2]=14プロット、ブナーミズナラ群落[455km2]=80プロット)を用いて、富山県二次林の主要構成樹種の資源量の推定を行った。胸高直径4cm以上の立木を対象として、各二次林植生ごとに主要樹種の単位面積当たりの本数、胸高断面積合計、材積を算出し、各二次林植生の面積から、県下の二次林全体の資源量を求めた。結果の概要は次のようである。1)標高600m以下の地帯に主たる分布域を持つコナラ群落とヤマツツジ-アカマツ群集では、コナラとアカマツの合計胸高断面積割合が5割以上を占め、林分構成は類似していた。しかし、後者ではアカマツがコナラを上回り、ネジキやソヨゴといった上昇斜面上に多出する樹種の多さが特徴的であった。2)標高300〜1,500mの範囲に主たる分布域を持つブナ-ミズナラ群落では、ブナとミズナラの合計胸高断面積割合が44%に達していた。3)県下の二次林全体の立木材積は2,200万立米(m3)以下で、その内、コナラ(25%)、ミズナラ(20%)、ブナ(10%)、アカマツ(8%)、クリ(7%)の上位五種が7割を占めていた。

identifier:762168

identifier:ZZ00013100

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ