【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

落葉樹林における土壌呼吸に地形の及ぼす影響

書誌事項

タイトル別名
  • 京都府南部の風化カコウ岩地帯における場合

この論文をさがす

抄録

丘陵状の山地森林小流域における沢底部と尾根部において自動開閉チャンバーによる土壌呼吸量のモニタリング観測を行ない、地形による影響を定量的に評価した。土壌呼吸量は、夏には沢底部の方が、冬には尾根部の方が多かった。夏には尾根部の土壌が乾燥し、冬には尾根部の地温が高かったためである。沢底部と尾根部における年間土壌呼吸量は、約6.2 tC/ha/yearとほぼ同じであった。しかし沢底部に比べて、尾根部の方が高かった地温による土壌呼吸促進量0.68 tC/ha/yearと土壌の乾燥による抑制量0.62 tC/ha/yearがほぼ相殺された結果であった。

identifier:770247

identifier:ZZ00015066

収録刊行物

  • 農業氣象

    農業氣象 64 (4), 215-222, 2008-12

    養賢堂

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ