【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

わが国の食鳥処理場における食烏検査の現状

この論文をさがす

抄録

type:論文

食烏検査制度が導入されて19年が経過し,鶏肉の安全性は著しく向上したと思われるが,カンピロバクターによる食中毒の発生は減少していない。肉用若鶏(ブロイラー),または採卵鶏飼育農場におけるHACCPに基づいた,カンピロバクタ一対策の強化とともに,食鳥処理場における汚染の低減化が求められている。本解説では,食中毒菌汚染の対策強化に資するため,食烏処理の現状について紹介する。

identifier:813725

identifier:ZZ00011607

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ