CiNii Researchの本公開について

書誌事項

タイトル別名
  • 動物性飼料原料

この論文をさがす

抄録

type:論文

魚粉は伝統的に畜産,水産,その他動物用の飼料原料として使用されている。一般的にタンパク質含量が高く,そのタンパク質のアミノ酸組成は含流アミノ酸,Lys,Trp等のすべての必須アミノ酸が含有されているので良質のタンパク質源である。また,リボフラビンやVB12等のVB群を多く含む他,Ca,Pの供給源としても有効である(表13~15)。魚種や製造方法により大きく異なり,品質管理が難しい側面もある。魚粉については国内では単体飼料としての公定規格(1976年農林省告示)がCP50%以上,粗脂肪12%以下,粗灰分27%以下と定められている。その他,品質規格については国際的な商取引によって定められている。現在国内で流通している魚粉の多くは輸入魚粉である。

identifier:850363

identifier:ZZ00013955

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ