【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

都市近郊河川で観察されたサケとサクラマスの産卵床密度

この論文をさがす

抄録

type:資料

2008年9月29日,北海道恵庭市を流れる石狩川支流漁川の9kmの区間を踏査し,サケとサクラマスの産卵床の数を調べた。調査区間でサケの産卵床が440床,サクラマスの産卵床が94床確認され,100mあたりの産卵床の分布密度はサケで4.9床/100m,サクラマスで1.0床/100mであった。都市近郊を流れる漁川でも高密度でサケとサクラマスの産卵床が造成されていることが観察され,このような自然産卵個体群と産卵環境を保全していくことが重要と考えられる。

identifier:831710

identifier:ZZ20039028

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ