CiNii Researchの本公開について

一季成り性種子繁殖型イチゴ品種「千葉F-1号」の栽培法(1)

書誌事項

タイトル別名
  • 花成誘導処理に感応する発育ステージ

この論文をさがす

抄録

type:論文

一季成り性種子繁殖型品種「千葉F-1号」において花成誘導処理に安定して感応する発育ステージを明らかにした。1. 本葉9枚以上,クラウン径6mm以上の全株で,夜冷短日処理による花成誘導効果が認められた。2. 1穴当たり容積23~70mLのセルトレイで育苗した本葉6.8~7.0枚,クラウン径3.6~4.2mmの苗に夜冷短日処理を行ったところ,花成誘導株率は17%以下で,培養土量による明らかな差が認められなかった。3. 自然日長下で栽培した場合,8月20日に本葉9枚以上で,かつクラウン径6mm以上の発育ステージに達した株は,本葉9枚未満またはクラウン径6mm未満の株と比べ,平均出蕾日が29日早くなり,そのばらつきも少なかった。

identifier:870654

identifier:ZZ20036927

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ