CiNii Researchの本公開について

希少糖含有シロップの安全性評価

書誌事項

タイトル別名
  • ラットにおける単回投与毒性試験,変異原性試験,染色体異常試験およびヒトにおける一過性下痢に対する単回摂取時における最大無作用量

この論文をさがす

抄録

type:論文

異性化糖をアルカリ異性化した,希少糖を含むシロップである希少糖含有シロップの安全性を確認するために,ラットにおける単回投与毒性試験,細菌を用いた復帰突然変異試験,ほ乳類の培養細胞を用いた染色体異常試験,ヒトにおける緩下作用発現に対する最大無作用量試験を実施した。復帰突然変異試験および染色体異常試験において,希少糖含有シロップは陰性であった。ラットを用いた単回投与試験においては,希少糖含有シロップの投与(15,000mg/kg)に関連した変化は認められず,希少糖含有シロップのLD50は15,000mg/kgを超える量であると結論づけられた。ヒトにおける緩下作用発現に対する最大無作用量は,男女とも0.9g/kg体重(固形分)であると考えられた。

identifier:900358

identifier:ZZ00009680

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ