【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

オープンアクセス,インパクトファクター,XML : Nagoya J Med Sci 編集の現場から

書誌事項

タイトル別名
  • Open access, impact factor, XML : From the editorial office of Nagoya J Med Sci.

抄録

大学図書館が,学内で発行している紀要のオープンアクセス化を行い,研究情報の発信を支援することは,大学図書館による研究支援と して,重要な活動と考えられている。本稿では,筆者が編集を担当しているNagoya Journal of Medical Science を例にして,2010 年にオー プンアクセス化を行い,2013 年に最初のインパクトファクターを取得するまでの経緯を述べる。またその後,XML 化を行いPMC に登録 することで,医学系の重要なデータベースであるPubMed にフルテキストがリンクされて利用できるようになったことと,Nagoya Journal of Medical Science の現状と課題を述べる。It is recognized as a very important activity of the University Library to provide open access to the University Bulletin and to support disseminating research information, as its mission to support research activities. Taking an example of “Nagoya Journal of Medical Science”, of which the author is acting as an editor, this article describes the process that it has become Open Access since 2010 and gained its first Impact Factor in 2013. Further, the full text has recently become available through the link in PubMed, an essential database in medical science, by XMLizing and registering in PMC. In addition, the present state and future challenges of “Nagoya Journal of Medical Science” are also discussed.

identifier:http://www.infosta.or.jp/journal-top/

identifier:http://hdl.handle.net/2237/22947

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050282813781325824
  • ISSN
    0913-3801
  • Web Site
    http://hdl.handle.net/2237/22947
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ