【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

最適自己資本比率と社会資本の経済効果

書誌事項

タイトル別名
  • サイテキ ジコ シホン ヒリツ ト シャカイ シホン ノ ケイザイ コウカ
  • Saiteki jiko shihon hiritsu to shakai shihon no keizai koka
  • Optimal basel capital requirement ratio and economic effect of infrastructure investment

抄録

type:text

本稿では, バーゼルの自己資本比率規制は, 国ごとに, その比率を変えることが望ましいことを説明する。その理由としては, 国によって, 銀行の金融市場に占めるシェアも異なり, 銀行行動も異なり, 株価や地価の動きも異なるからである。国を越えて銀行が行動する場合には, 貸出を行う相手国のバーゼル規制に従うことが望ましいことも示される。後半では, インフラ投資の経済効果の実証分析が説明される。インフラ投資には, 直接効果と間接効果が存在し, インフラの整備によって民間企業がその地域に入って来るかどうか, 民間企業の生産性がインフラ整備によって効率化されるかが, 重要な点である。インフラ整備の経済効果が低下しないためには, 資金面で, 民間資金を導入して, インフラの経済効果を高める必要がある。最後に, ふるさと投資ファンドのような民間資金による「ふるさとの投資」を進める方策について説明する。 This study explains why it is desirable to change the ratio of the Basel capital adequacy for each country. Some reasons for this are that, depending on the country, the financial market share held by banks, bank behaviors, and share and land prices differ. When banks operate beyond national borders, this study shows that complying with Basel regulations in the country where lending is occurring is desirable. The second half of the study explains the empirical analysis of the economic effects of infrastructure investment. Infrastructure investments have direct and indirect effects, and an important point to note is that depending on the status of development of said infrastructure, it influences the decision of whether private enterprises enter the region and affect the efficiency of their productivity. From a funding aspect, it is necessary to increase the economic effects of infrastructure through the introduction of private funds to avoid a decrease in the economic effects of infrastructure development. Finally, this study discusses the measures for the promotion of Furusato Investments (microinvestments in local enterprises aiming at the development of local economies) by private funds such as the Furusato Investment Fund.

会長講演

収録刊行物

  • 三田学会雑誌

    三田学会雑誌 107 (2), 139(1)-156(18), 2014-07

    慶應義塾経済学会

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ