【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

新たに創案された富山オリジナルブランド配置薬処方の活性酸素種消去活性および神経細胞保護作用の検討

書誌事項

タイトル別名
  • Evaluation of Toyama original brand formulation about scavenging effect for reactive oxygen species and protective activity on nitric oxide donor-induced neuronal death

この論文をさがす

抄録

type:Article

現在, 活性酸素種は生体膜の障害をもたらすことによって虚血, 炎症, 老化を促進させると考えられている。実際に, 赤血球膜中のビタミンEの低下が活性酸素種による赤血球の溶血に対する脆弱性を増すことが示されている。さらに, α-tocopherolを含めた幾つかの抗酸化物質が活性酸素種を捕捉することによって赤血球の溶血に抑制的に働くことが示されている。こうした観点からは虚血, 炎症, 老化を予防し進展を抑制していくためには, 活性酸素種の制御が不可欠の課題であるといえる。また, 近年の研究により, 脳虚血による神経細胞死の過程におけるグルタミン酸などの興奮性神経伝達物質および一酸化窒素(NO)の関与が明らかになってきた。即ち, 脳梗塞や一過性の脳虚血の状態では, 過剰なグルタミン酸が脳内に放出され, これが神経細胞のNMDA受容体などのグルタミン酸受容体を過剰に刺激し, カルシウムの多量の細胞内流入を生じ, これが複数のカスケードを介して神経細胞を死に導くと考えられている。The present study was performed to evaluate Toyama original brand formulation A and B about the scavenging activity for superoxide anion and hydroxyl radical by using electron spin resonance method and protective activity against nitric oxide (NO) donor-induced neuronal death in cultured cerebellar granule cells. As a result, both formulation A and B showed strong radical scavenging effects. It appeared that Corydalis turtschaninovii Besser forma yanhuso Y.H.CHOU et C.C.Hsu and Magnolia obovata THUNBERG which were not contained in prescription B, had strong scavenging activities for superoxide anion and hydroxyl radical with the analysis for constituents of the formulations. Furthermore, both formulation A and B had protective effects against NO donor-induced neuronal death in cultured cerebeller granule cells. The protective effect of formulation A was somewhat stronger than that of formulation B. Corydalis turtschaninovii and Magnolia obovata also had protective activities against NO-mediated neuronal death. From these findings, Toyama original brand formulation A may be more useful than formulation B for maintaining and improving health.

relation: isVersionOf: http://ci.nii.ac.jp/naid/10014223227/

21st Century COE Program, Toyama Medical and Pharmaceutical Universty

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ