CiNii Researchの本公開について

外部性の解決 : 補償メカニズムとその安定性(<特集>法と経済学)

書誌事項

タイトル別名
  • The Compensation Mechanism and its Stability (<Featured Theme>Law and Economics Revisited)

この論文をさがす

抄録

本稿では, Varian (1994, 1995)が提案した補償メカニズムの制度的構造を論じる. このメカニズムは, 各経済主体から適切に情報を収集しつつ部分ゲーム完全均衡において効率的配分を達成するうえ, 均衡経路において予算をバランスさせることが知られており, 外部不経済による非効率性を解決する手段として非常に有効である. われわれは, 補償メカニズムの基本的な機能を明らかにし, 各経済主体の合理的意思決定に基づくクールノー的模索過程を構成してメカニズムが安定的であるための条件を導く.

This paper examines the compensation mechanism proposed by Varian (American Economic Review 84, 1278-1293, 1994). I first explain a fundamental property of the compensation mechanism, and then provide a sufficient condition for the Cournot stability.

収録刊行物

  • 社會科學研究

    社會科學研究 62 (2), 97-110, 2011-03-15

    東京大学社会科学研究所

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ