CiNii Researchの本公開について

青色発光ダイオードにより光照射がシイタケ子実体の発生に及ぼす影響(2)

この論文をさがす

抄録

type:論文

LEDを利用した菌床シイタケ栽培技術の実用化に向けて,LED照射による培養期間の短縮効果について検討した。蛍光灯照射の70日培養と青色LED照射の60日培養について,子実体発生量を測定した。その結果,発生重量は同等ながら,Mサイズ以上の発生個数は青色LED照射の60日培養が,蛍光灯照射の70日培養よりも多くなった。このことから,青色LED照射により培養期間の短縮が可能であることが判明した。次に,白色LEDの利用可能性を検討するために,60日培養における青色LED照射と白色LED照射による子実体発生量を測定した。その結果,発生重量,Mサイズ以上の発生個数ともに青色LED照射が白色LED照射よりも大きくなった。このことから,LED照射による培養期間の短縮効果は,白色LEDよりも青色LEDの方が大きいことが分かった。

identifier:922794

identifier:ZZ20038163

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ