CiNii Researchの本公開について

<論文>経済波及効果とその漏出からみた広域関西の地域特性―関西地域間産業連関表と各府県表による計測―

書誌事項

タイトル別名
  • <Articles>The Economic Ripple Effect and Its Leakage in the Greater Kansai Region

抄録

type:Departmental Bulletin Paper

[抄録]行政区域を越える地域間交易が盛んとなっていることに伴い、当該地域で発生した新規需要によってもたらされる生産や雇用に対する経済波及効果が、自地域にとどまらず他地域に漏出するようになっている。こうした地域間交易を捉えることのできる統計として、地域間産業連関表がある。本稿では、広域関西2府8県の産業連関表および関西地域間産業連関表の最新版となる2011年表を用いて、地域内で発生した経済波及効果がどの程度地域外に漏出しているのかについて計測を行う。本稿で行う分析では関西地域間産業連関表の最新版となる2011年表を用いて分析を行っている点、地域間産業連関表だけでなく、各府県の地域内産業連関表でも分析を行っている点、経済波及効果の計測にあたって複数の産業での需要を検討している点が特徴となっている。地域内表と地域間表の分析結果を比較すると、他地域に漏出した需要の跳ね返りによって、自地域での経済波及効果は5~10%拡大すると見込まれる。[Abstract] In recent years, trade between regions has increased. As a result, there is an economic ripple effect on production and employment, generated by the demand not only in that region but also in other regions. An inter-regional input-output table is a statistic that represents the amount of trade between regions. Using the aforementioned table and the inter-Kansai input-output table, this study examines how far the economic ripple effect occurring in the region extends beyond the ten prefectures in the Kansai region. The analysis has three characteristics. First, the analysis is conducted using the latest Kansai regional input-output table(2011 edition). Second, it is measured not only from the inter-regional input-output table, but also from the regional input-output table of each prefecture. Third, demands in several industries are examined to measure the economic ripple effects.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050283687644635648
  • ISSN
    0386-7048
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1391/00020735/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ