CiNii Researchの本公開について

ニホンジカの摂食圧増加にともなうスズタケの動態

書誌事項

タイトル別名
  • 九州大学宮崎演習林における2003年と2014年の比較

この論文をさがす

抄録

type:論文

九州山地中央部に位置する九州大学宮崎演習林(2,915ha)において,2003年と2014年にスズタケの健全度調査を行い,ニホンジカによる摂食がスズタケの分布に及ぼす影響を評価した。2003年では三方岳団地(2,282ha),萱原山団地(146ha)の大部分でスズダケが消失していたが,津野岳団地(487ha)ではほとんどの林地でスズタケが生育していた。2014年には三方岳団地および萱原山団地において前回の調査時に消失していたスズタケが回復した場所はなかった。一方、津野岳団地においてはスズタケの衰退が進行し,大部分でスズタケが消失していた。津野岳団地で実施したスポットライトセンサスの結果,近年の同団地におけるニホンジカ個体数に急激な増加が見られており,そのことが津野岳団地での急激なスズタケの衰退に繋がったと考えられた。また,スズタケが残存する場所の地形的特徴や林分の特徴などを検討した結果,標高が低く,施業が近年実施された場所でスズタケが残る傾向にあった。

identifier:927785

identifier:ZZ00006960

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ