【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Ni^<2+>イオン含有PbO-GeO_2-R_2O(R=K or Na)系ガラスの光学的性質 : 可視域, 赤外域の光吸収及び屈折率

書誌事項

タイトル別名
  • Optical Properties of PbO-GeO_2-R_2O (R=K or Na) Glasses Containing Ni^<2+> Ions : Optical Absorption in the Visible and Infra-Red Region, and Refractive Index
  • The Ceramic Society of Japan

抄録

PbO-GeO2-R2O (R=K or Na)、PbO-GeO2-K2O-Na2Oガラス中のNi2+イオンの吸収スペクトルを測定し、これを用いて配位子場強度、Racahパラメーター及びNi2+イオンの配位状態を決定した。アルカリ含有によるこれらのパラメーターの変化をガラス構造と関連付けて検討した。PbO-GeO2-R2O-NiO(R=K or Na)系ガラスでは、アルカリ含量の増加に伴い配位子場強度を表すピークの位置は高波数側へ、Racahパラメーターは低波数側へシフトした。PbO-GeO2-K2O-Na2O-GeO2マトリックスガラス中では、Ni2+は6配位が支配的であるが、アルカリ含量増加に伴い4配位と6配位のNi2+が生成する。これらの測定結果から、この系のガラス中にはGeO8-6イオンが生成していることが示唆された。PbO-GeO2-R2O-NiO(R=K or Na), PbO-GeO2-K2O-Na2O-NiO系ガラスのIR吸収スペクトルを測定し、これを用いてGeの配位状態を決定した。結果として、この系のガラス中ではGeは6配位が支配的であり、アルカリの添加によってGeの配位数はあまり大きい変化を受けないことが示された。PbO-GeO2-R2O-NiO(R=K or Na), PbO-GeO2-K2O-Na2O系ガラスの屈折率を測定した。PbO-GeO2-R2O-NiO系ガラスではアルカリ含有増加に伴い屈折率は低下し、加成性からのわずかなずれが見られた。PbO-GeO2-K2O-Na2O-NiO系ガラスでは、[K2O]/[K2O+Na2O]の比の増加に伴い屈折率は直線的に低下し、混合アルカリ効果ははっきりとは現れなかった。

Absorption spectra of Ni2+ ions in PbO-GeO2-R2O (R=K or Na) and PbO-GeO2-K2O-Na2O glasses were measured. The ligand field strength and the Racah parameter were calculated from the absorption wave numbers. The state of coordination of Ni2+ ions was elucidated from the peak positions. With increasing alkali content in PbO-GeO2-R2O-NiO(R=K or Na) glasses, the peak wave number corresponding to the ligand field strength increased and the Racah parameter decreased. In PbO-GeO2-K2O-Na2O-NiO glasses, the ligand field strength and the Racah parameter wave not calculated. Ni2+ ions were considered to be predominantly in the 6 coordination state in PbO-GeO2 glasses. The increase in alkali content in PbO-GeO2-R2O (R=K or Na) glass resulted in the tetragonal and tetrahedral structures. The result obtained suggests that GeO8-6 ions are formed by adding alkali ions to the glass network.

identifier:窯業協会誌, 92(1071), pp.622-628; 1984

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050287297239550464
  • ISSN
    0009-0255
  • Web Site
    http://hdl.handle.net/10069/23589
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ