【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

インド英語とフィリピン英語語彙の背後にある意味特徴について : アジア英語語彙の意味特徴解明に向けて

書誌事項

タイトル別名
  • On semantic nature of lexicon in indian and Philippine English : aiming for revealing semantic lexicon in Asian Englishes

この論文をさがす

抄録

type:原著論文

The aim of this study is to reveal semantic nature of content words found in Indian and Philippine English based on metaphor, metonymy and synecdoche in the sense used in Cognitive Linguistics. Compared to studies on phonetics and syntax in the field of World Englishes, semantic studies have been far behind. This study specifically aims to make some contribution in order to solve two problems found in World Englishes; obstacles of communication derived from differences of English varieties, and regarding non-native speakers of English as ‘incorrect’.

本稿の目的は,インドおよびフィリピン英語の内容語の意味特徴を明らかにすることにある。世界の諸英語に関する研究において,音声や文法特徴と比べると語彙の意味研究にはほとんど進展が見られない。本研究では,当該英語の内容語の意味特徴を明らかにすることにより,英語変種間のコミュニケーションに見られる障がいを取り除く,そして非母語話者の英語変種を「正しくない英語」とする見方を正すことを目標とする。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ