【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

A Proposal for Using Google Classroom to Implement a Content-Based Integrated English Course

書誌事項

タイトル別名
  • Google Classroomを使ったContent-Based総合英語授業の提案

抄録

type:実践研究・実践報告

With the surprise onset of the COVID-19 pandemic coinciding with the beginning of the 2020 schoolyear, many, if not most,universities were compelled to hold classes online instead of in person. This necessitated a major re-working of curriculum to support an online learning format. This article presents insights into the challenges and successes encountered in transforming a face-to-face content and language integrated learning (CLIL) English and culture course into a manageable online version. Some of the challenges included managing student engagement, executing testing on a digital platform, dealing with a lack of normally realized student collaboration, and a shortage of teacher-student face-to-face interaction. Although it was a difficult semester for both students and teachers, we recognized some positive outcomes. Students often appeared more comfortable presenting from their own homes. Furthermore, teacher collaboration and task sharing were high, which enabled the vast majority of the curriculum to be successfully delivered. In addition to details related to creating an online course on Google Classroom, there are also insights regarding utilizing parts of the online course in a standard face-to-face classroom situation. Given the current climate of uncertainty related to public health, a forward-looking approach might be advised to include coursework converted to an online format in an attempt to futureproof curriculum against potential eventualities.

COVID-19パンデミックの突然の始まりは、2020年度の学年初めと一致したため、多くの大学が対面授業からオンライン授業への変更を余儀なくされた。このため、オンライン学習形式をサポートするために、カリキュラムを大幅に作り直す必要があった。この論文では、対面式の言語統合学習英語(CLIL)クラスを管理可能なオンラインバージョンに変換する際に直面した課題と、成功への洞察をまとめている。課題の一部には、学生関与の管理、デジタルプラットフォームでのテストの実行、通常実現される学生間コラボレーション欠如への対処、教師と学生の直接のやり取りの不足などが含まれる。学生にも教師にも、難しい学期であったが、いくつかの肯定的な良い結果も認めることができた。学生は自分の家からのプレゼンテーションのほうがより快適であるように見受けられることも多く、教師とのコラボレーションとタスクの共有が高く、カリキュラムの大部分が高いレベルで正常に機能した。また、Google Classroomでのオンラインコースの作成に関連する詳細に加えて、標準の対面授業でオンラインコースの一部を利用することに関する考察も含めた。公衆衛生における現在の不確実な状況を考慮し、将来を見据えたアプローチの一つとしては、潜在的な不測の事態に対するカリキュラムの将来性を確保するために、オンライン形式に変換されたコースワークを含めることが望ましいと考えられる。

収録刊行物

  • 中部大学教育研究

    中部大学教育研究 20 37-43, 2020-12

    中部大学, 大学企画室高等教育推進部

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ