【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

The R-H II Push-net and Quadrat-net, Gears for Studying Distribution Patterns of Juvenile Flatfishes along the Beach

書誌事項

タイトル別名
  • カレイ目着底稚魚の分布様式研究のための採集具,R-H 2 Push-netおよびQuadrat-net

この論文をさがす

抄録

The designs of a twin push-net, a slight modification of the R-H push-net and a quadrat-net, a netted quadrat, to be used in the study of distribution patterns of juvenile flatfishes along sandy beaches are illustrated. Both gears proved to be effective. The width between the upper and lower 95% confidence limits (expressed as values relative to catch) of a catch of juvenile Japanese flounder by a single operation of the push-net with a sweeping area of 0.75 by 50m decreased with the increase of catch, e. g. 32-210% for the catch of 5 fish and 61-150% for the catch of 20 fish. Catches of juvenile Japanese flounder by the quadrat-nets along the beach fitted well a negative binomial distribution in one occasion and a Poisson series in another. The gear efficiency of the push-net was estimated to be about 30%.

砂浜海岸の汀線付近におけるカレイ目着底稚魚の分布様式を研究するため,特殊な押し網とコドラート網を製作した。押し網はR-H push-netの網の部分を左右ふたつに仕切ったもので,従来の1.5×100mの1サンプルの代わりに0.75×50mの4サンプルをとるようにした。コドラート網は70.7cm四方(面積0.5㎡)の一対の枠に3㎜目の網を張って深さ10cmの節状にしたもので,干潮時に大潮低潮線付近の海底に浅く埋めておいて翌日の干潮で干出する前に取り上げる。押し網による掃底面積0.75×50mの1サンプルに得られたヒラメ稚魚数の95%信頼区間は,採集数が多くなるほど相対的に狭くなり,例えば採集数5個体のとき0.32~2.1倍,20個体のとき0.61~1.5倍と計算された。コドラート網を使った2回のヒラメ稚魚採集結果は,それぞれ負の2項分布とポアソン分布に適合した。押し網とコドラート網の採集結果の比較から,前者の漁獲効率はほぼ30%と推定された。

identifier:長崎大学水産学部研究報告, v.68, pp.35-41; 1990

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ