CiNii Researchの本公開について

BSEの発生が米国牛肉の市場支配力に与えた影響

書誌事項

タイトル別名
  • The Effect of BSE Occurrence on US Market Power in Beef Exports

この論文をさがす

抄録

2003 年12 月に米国で発生した牛海綿状脳症(BSE)は,米国産牛肉の輸出量を大きく減少させた.その後,米国産牛肉の輸出量は2011 年までに回復した一方,利潤を得る上で重要となる市場支配力がどのように変化してきたかは明らかではない.本研究では,BSE の発生が米国の牛肉輸出における市場支配力に与えた影響について,計量経済学的に分析を行う.市場支配力の程度の計測には残余需要モデルを使用するとともに,その時系列変化を明らかにするためにローリングウィンドウ法を使用する.主な分析結果は,以下のとおりである.第1 に,1990 年から2017 年の全サンプルを用いた推計から,平均で見ると,米国は有意な市場支配力を有していた.第2 に,ローリングウィンドウ法を用いた推計から,米国の市場支配力は,BSE 発生後に急激に弱まったものの,BSE 発生前の輸出量を回復し始めた頃から上昇し始め,現在はBSE 発生前よりも高い水準で推移している.

The outbreak of bovine spongiform encephalopathy (BSE) in the US in December 2003 dramatically decreased the quantity of US beef exports. After the outbreak, US beef exports were able to recover their pre-outbreak value only by 2011. However, the change in US beef exports’ market power, which is an important factor in generating profits, is unclear. This study econometrically investigates how the BSE outbreak affected US market power in beef exports to the global market. The residual demand model is used to measure the degree of market power and the rolling windows estimation method to clarify its time-series variation. The main results of the analysis are as follows. First, the full sample estimation shows that US beef exports had, on the whole, significant market power from 1990 to 2017. Second, the results of the rolling windows estimation indicate that despite a dramatic weakening after the BSE outbreak, the market power of US beef exports began to increase again once exports regained their pre-outbreak level. In addition, the current degree of market power is greater than that before the BSE outbreak.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ