CiNii Researchの本公開について

生涯スポーツへの展開を見据えた肢体不自由児の体育指導に関する研究 ~ボッチャの運動習熟と自己効力感の獲得にも注目して~

書誌事項

タイトル別名
  • A study on physical education instruction that aims life-long sports − Including motor proficiency of boccia and self-efficacy −

この論文をさがす

抄録

抄録:本研究の目的は,次の三つである①作成したボッチャの指導段階表の内容(指導目標,指導内容,指導の留意点)を確認する.②あいちボッチャ協会が初心者対象に実施している練習内容と指導段階表の授業内容と比較検討する.③特別支援学校の授業目的や施設条件等を勘案し,あいちボッチャ協会初心者対象の練習内容から取り入れ可能な内容について検討する. 研究の結果,次のことが明らかになった.1)特別支援学校の指導は姿勢と運動・動作の基本的技能の獲得,他者とのかかわりの基礎,姿勢保持,日常生活に必要な基本動作,自己効力感の獲得などを考慮して設定されている.2)競技力向上を目指したあいちボッチャ協会の練習のうち,取り入れ可能な部分,具体的には投球時の原則を身につけるという点,新聞やペットボトルを使った練習,点数を取る方法を考えること,レクリエーションボッチャを楽しむことなどを組み合わせることで運動や日常生活の基本の動きをベースとしつつ,より生涯スポーツを見据えた指導内容が可能であると考えられる.Abstract: The purpose of this study is as follows① To confirm the contents (guidepost, instruction contents, point to keep in mind of the instruction) of the table for an instruction stage of boccia② To compare and consider the table for an instruction stage of boccia and the training menu of boccia that is provided by Aichi Boccia Association③ To consider the possibility to take in the contents of the training menu provided by Aichi Boccia Association into the table for an instruction stage of bocciaThe results are follows.1)The physical education instruction of the schools for special needs education is set in consideration of a posture and the acquisition of the basic motor skill, the basics of relation with others, the basic movement that is necessary for everyday life, acquisition of a feeling of self-efficacy2)By taking in the contents of training menu providing by Aichi Boccia Association, Specifically learning principle for the way of throwing balls, training with using newspaper, thinking strategy to get points and using recreational boccia rule, it is possible to create the instruction that aims life-long sport.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ