CiNii Researchの本公開について

ケヤキの生育に及ぼす土壌物理性の影響

書誌事項

タイトル別名
  • Effects of physical properties of soil on growth of Zelkova serrata MAKINO

この論文をさがす

抄録

We investigated the effects of physical properties of soil on growth of Zelkova serrata MAKINO in Yashima Chuo Park constructed by banking of decomposed granite soil. The results were as follows. 1) Root growth of Z. serrata was hampered in compacted soil that showed high solid ratio. 2) Improvement of physical properties of soil by degging accelerated root growth, but the effect of mixing organic matter (peat moss) into soil were not appeared in a year. 3) Even soil was dug, surface soil was compacted to the condition before dug by human trampling. 4) Root of Z. serrata was found where solid ratio of soil was under 60% and soil hardness measured by Yamanaka's soil hardness tester was under 20mm (6.3 kg/c㎡).

塩田跡地にマサ土を盛土することによって造成された屋島中央公園において, ケヤキの生育に及ぼす土壌物理性の影響について調査を行った. その結果, 次の点が明らかになった. 1) かたく締固められた固相率の高い土壌条件がケヤキの根系発達を阻害し, 生育不良の主要な原因となっている. 2) 掘り返しによる土壌物理性の改善は根系発達を促すが, 有機物(ピートモス)混入の効果は1年では認められず, 更に長期間の追跡調査が必要である. 3) 掘り返し処理を行って土壌を軟らかくしても, 表土は利用者の踏圧を受けて, 半年後には再び元のかたさに戻ってしまう. 4) ケヤキの根系分布がみられるのは, 固相率60%以下, 気相率20%以上, 土壌硬度20mm(6.3kg/c㎡)以下のところである.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ