【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

常啼菩薩求法譚の完成時期について : 比較対照表(前半)による検証

書誌事項

タイトル別名
  • On the completion of "Sadaprarudita's story of seeking for Dharma" : verification by a comparative table (first half)

この論文をさがす

抄録

小論の目的は常啼菩薩求法譚の完成時期を確認することにある。そのためには、小品系、大品系、十万頌般若の常啼菩薩求法譚に『六度集経』「常悲菩薩本生」を加えて俯瞰する必要がある。そこで上記諸経の比較対照表を作成し検証したところ、常啼菩薩求法譚の完成時期は『放光般若経』の時点であり、『道行般若経』とその義訳たる『大明度経』の常啼菩薩求法譚は、大乗的本生経類から発展して般若経の求法譚としての構造が整うまでの中間形態という位置付けが相応しいとの結論に至った

般若経

常啼菩薩

求法譚

identifier:DB004300007843

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ