【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

日常語における「甘え」と「自由」 --文化越境的な教育理論の構築に向けて--

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Amae and Freedom in Everyday Language: Toward Transcultural Educational Theory

この論文をさがす

抄録

This paper aims to clarify the connection between amae in Japan and freedom in Germany in everyday language and to make suggestions to form a transcultural educational theory with them. The concept of amae was introduced in the book The Anatomy of Dependence, written by Japanese psychiatrist Doi Takeo (1920–2009). According to Doi, amae is peculiar to the everyday language of Japanese, yet common to mankind as a psychological phenomenon that is always at work in the formation of human relationships. However, his suggestion of transcultural adoption of "freedom to amaeru" by the Western world was not based on a sufficient understanding of "freedom" in everyday language in the Western world. This paper attempts to modify and develop this point by a research interview about freedom in everyday language with a German graduate student. By suggesting an alternative interpretation of freedom in childhood through the concept of amae, this paper concludes that amae can provide a third possibility in addition to the possibilities of freedom and constraint in modern educational theory and a point of contact in everyday language for transcultural dialogue on educational theories.

本稿は、日常語における意味での日本での「甘え」とドイツでの「自由」の関係を明らかにし、これらから文化越境的な教育理論を構築するための提言をなすことを目的とする。「甘え」の概念は、精神科医・土居健郎(1920-2009)の著作である『「甘え」の構造』において紹介された。土居は、「甘える自由」という概念を西洋世界においても認めることを提案したが、この文化越境的な提案は、西洋の日常語における「自由」の意味理解に基づくものではなかった。これに対し、本稿は、日常語としての「自由」の意味をドイツ人大学院生へのインタビュー調査によって探求し、「甘え」という概念が子ども期における「自由」の新たな解釈を可能にすることを示す。これによって、「甘え」が近代教育理論における「自由」と「強制」の二項に加えて第三の可能性となりうるとともに、教育理論における文化越境的な対話のための日常語における接点を与えうることを明らかにする。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050287907210642048
  • NII書誌ID
    AA11332212
  • HANDLE
    2433/262635
  • 本文言語コード
    en
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ