CiNii Researchの本公開について

都市新中間層のインターネット文化に対する文化生産論的分析 --「豆瓣網」を事例として--

書誌事項

タイトル別名
  • An analysis on the Internet culture of new middle class from the production of culture perspective: Focus on the Douban.com

この論文をさがす

抄録

本稿は現代中国の都市新中間層のインターネット文化に注目するものである。情報社会化を背景に、Web2.0時代に入ったインターネット空間において、都市新中間層のインターネット文化はどのように生産、消費、流通、規制されているかがが本稿の問いである。この問いの究明に向けて、本稿はデジタル・デバイド論を踏まえ、文化生産論を分析枠組みとした。具体的に、研究対象の「豆瓣網」を取り巻く技術、法制度、産業構造、組織構造、職業経歴、市場の変遷および映画文化における相互関係を分析した。分析した結果、デジタル・デバイドは都市新中間層のインターネット文化の在り方にまで影響を及ぼしたこと、文化生産体制の調節によって文芸的コンテンツと商業的コンテンツが分離から融合へと変化したことがわかった。今後の研究方向としては、インターネット文化の生産体制が都市新中間層のアイデンティティの構築に与える影響を検討していきたい。

This research investigated the internet culture of the new middle class in modern China through its production, consumption, diffusion, and regulation within the online information society, influenced by the development of Web 2.0. A cultural perspective framework was applied to explore this question in depth. I chose Douban.com as the research object and analyzed how its technology, law and regulation, industry structure, organizational structure, occupational careers, market changed. Also, I conducted a case study of Douban's movie ranking on how those factors interacted. The results show that digital divide has influenced the form of Internet culture. Also, they demonstrate how artistic culture and commercial culture integrated from separation accompanied with changes of the Internet culture production system. For further research, how the production system influenced the new middle class's identification needs to be considered.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ