【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

肉質重視の改良が黒毛和種雌牛の体測定値及び繁殖牛に及ぼす影響

書誌事項

タイトル別名
  • Effects of Improvement for Carcass Quality on the Body Measurements and Reproductivity of Japanese Black Cows

この論文をさがす

抄録

Since the end of the 1970's, Wagyu producers in southern Kyushu have made efforts in order to improve not only carcass quantity but also carcass quality, introducing a number of AI sires which were produced in another districts that had a hight opinion on carcass quality. A study was conducted to examine effects of such an effort for carcass improvement on the body measurement and reproductivity of a local Japanese Black herd. The records of body measurements and reproductive traits of 1,189 dam-cows and daughtercows were collected from Miyazaki Livestock Improvement Association. All the cows produced more than two calves. Breeding values of cow for carcass traits were predicted from another data-set using an animal model BLUP method. Daughter-cows were superior significantly to dam-cows in predicted breeding values for both carcass weight and beef marbling standard (BMS). When effects of AI sire and age at registration were considered, least-squares means of daughter-cows for body measurements except withers height were smaller than those of dam-cows, respectively. And each difference was small one. There was no singnificant difference in withers height, age at first calving and calving interval, respectively, between dam- and daughter-cows. It may be said, therefore, that no bad effect of a promotion for carcass improvement was found on body measurements and reproductivity in a local Wagyu herd.

1970年代の後半以降,南九州の代表的な和牛生産地帯では,体型や繁殖性よりも脂肪交雑に代表される肉質を重視した改良を意図し,肉質に関して優れていると評価されていた兵庫系(但馬系)や島根系の種雄牛を導入し,繁殖雌牛の産肉性の向上を図ってきた。本研究は,このような改良過程が地方の繁殖牛群の体型や繁殖性にどのような影響を与えているかを検討するため,母娘の関係にある黒毛和種登録雌牛の体測定値及び繁殖成績を用いて世代当たり変化量を計算しようとしたものである。材料としては宮崎県のM和牛改良組合で1973年から1983年の間に生まれ,2産以上している黒毛和種登録雌牛とその第一後継娘午の組1189組,計2378頭の登録検査時の体重と体測定値,初産月齢,分娩間隔及び産子の枝肉重量と脂肪交雑基準値(BMS)の記録を使用した.分析の結果,娘牛の枝肉重量とBMSの育種価予測値は,母午よりそれぞれ有意に高く,肉質改良の効果が認められた.これに関連して,母数効果として父牛を,回帰として登録検査時の月齢を分析モデルに取り込んだ場合には,娘午の体重,胸囲,胸探,尻長及びかん幅は母牛より有意に小さくなったが,母娘間の差は小さなものであった。また,和牛の発育指標として広く利用されてきた体高では母娘間に有意な差は認められなかった.初産月齢及び初産と第2産の間の分娩間隔も,それぞれ母娘間には有意な差は認められなかった.以上の結果,肉質を重視した改良過程は,当該繁殖雌牛群の体測定値や繁殖性に対してはとくに悪影響を及ぼすことはないようであった.

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ