【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

小学校理科に「探究の過程」を取り入れるための指導方略 ─ より妥当な考えを導く考察の過程を中心に ─

書誌事項

タイトル別名
  • Teaching Strategies to Encourage Learners to Draw Appropriate Conclusions in Inquiry-Based Learning Science Curricula of Elementary Schools: Focusing on The “Process of Consideration” to Make Learners Think of Valid Conclusions

抄録

It is important for learners to advance their own investigation and cooperative learning in inquiry-based science classes. For elementary school learners to continue their own inquiry, teachers need to elicit their initiative and resourcefulness. Teachers need to be supported through a teachers’ guidance plan, which is a device that helps them encourage learners to consider experiment results and construct scientific concepts more effectively. This study aims to extract a strategy for constructing scientific concepts more effectively for inquiry-based learning from existing theories and practices. A survey of teaching strategies used in past science classes revealed the use of two stages. Teaching strategies of the first stage make learners recall actual life experiences, as well as consider more than one hypothesis in the preliminary step of inquiry. Teaching strategies of the second stage involve making learners conscious of both a law of natural phenomenon and an actual phenomenon and making them examine conclusions. The guidance plan of the Unit “Whereabouts of rainwater and the state of the ground” in the Fourth Grade was made as an outcome of a study.

探究の過程では,できるだけ教師が指示をしない形で,学習者が主体的・協働的に問題を解決していくことが求められる。理科の学びが始まる小学校において探究の過程を取り入れるには,教師の指導の工夫が必要になると考えられる。特に,実験後に結論を導く場面で,より妥当な考えを導くための指導方略の開発が必要になっている。  今回,学習者主体の探究を取り入れた理科授業の先行研究を調べることで,実験後に結論を導く考察段階において,より妥当な考えに導くには,考察の前段階の「仮説の発想」と「解決の方法の発想」において,学習体験と生活経験を基に自然の決まりを意識させた上で,複数の仮説の発想を検討させる必要があることがわかった。また,結論を導く考察場面では,自然の決まりと具体的な現象の両方を意識させた上で,話し合い活動を取り入れ,多面的に,それぞれの結論の妥当性を検討させることが必要となる。研究の総合的な考察では,今回の研究の成果を取り入れ,4学年「雨水のゆくえ」の単元において,より妥当な考えを導く考察を促すための,展開ごとの指導方略を提案した。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050289224966458368
  • ISSN
    2436-4681
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1431/00003203/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ