【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

氾濫時の車の漂流に関する模型実験

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Hydraulic Model Study on Floating Car in Flooding

この論文をさがす

抄録

1982年の長崎大水害時のように,大規模な洪水氾濫時には車が流され,被害を助長させる。本報では,直線水路に縮尺1/10のセダン型車模型ならびに縮尺1/18のミニバン型車模型を設置し, 水理条件を種々変化させて, 模型が漂流する限界となる条件を実験的に見出した。その後,漂流限界を超えた条件での車模型の漂流速度を計測した。実験での漂流限界状態での水平方向の力の釣り合いから, 車に作用する流体力の抗力係数を水深の関数として求め, その係数をもとに実際の事象での車の漂流限界を求めた。その結果, 流れ場の流速が2m/s,かつ,水深が0.5mを超えると車が漂流しだす危険が高まることが明らかとなった。この結果を,過去に実施した京都市域での外水氾濫解析結果に適用したところ,車の漂流の危険箇所が見出された。また実験より,いったん車が漂流しだすと,漂流速度は流れ場の平均流速の60-70%程度になることも明らかとなった。

In urban flooding, cars are floated and flushed away, which may cause heavy damage on cars and buildings or lose driver's life. In Nagasaki flood in 1982, many people died by car related accidents. It is very important to study car behaviors in flooding. Here, we studied the critical incipient floating condition and the subsequent floating condition experimentally, using the 1/10 and 1/18 scale model cars. We also obtained the drag coefficient of partially submerged cars in the flooding flow. On the base of experimental results, we could draw the diagram of critical incipient floating condition of real car by flow velocity and water depth. According to the diagram, sedan typed cars are likely to be floated if the flow velocity exceeds 2m/s and the water depth exceeds 0.5m.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050564285695895168
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/161826
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ