CiNii Researchの本公開について

タイ後期中等教育の日本語教育における日本語ボランティアの役割と意義

書誌事項

タイトル別名
  • Japanese Language Volunteers in Thai Secondary Schools

この論文をさがす

抄録

type:P(論文)

タイにおける日本語教育は90年代になって後期中等教育に急速に拡大した。それにともない教員の不足,教員の日本語能力の不足が問題になっており,日本人のボランティア教師を派遣してほしいという要望が強い。1999年の夏,筆者は民間国際交流団体の日本語ボランティア教師派遣プログラムの準備のためタイ国において2週間にわたって調査を行った。以下タイの日本語教育の特徴を概観した上で,今回調査した高校での日本語教育の現状と課題を報告し,日本語ボランティアに期待される役割について論じる。さらにホームステイと生活の問題について整理し,最後に国際交流という視点から日本語ボランティア派遣プログラムの意義を考える。

In Thailand, many secondary schools have started to teach Japanese language. They now face lack of teaching staff and Japanese volunteers are highly in demand. The author visited Thailand to do a survey for sending Japanese language volunteers to secondary schools. The project is based on promoting mutual understanding through assisting Thai teachers at school and through local home stays. The report discusses the survey findings and some problems involved in this project.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ