CiNii Researchの本公開について

培養陽性のライム・ボレリア症

書誌事項

タイトル別名
  • Culture-positive Lyme borreliosis

この論文をさがす

抄録

type:P(論文)

ライム・ボレリア症の症例報告。本症例は抗生物質療法を繰り返し行っているにもかかわらず、皮膚生検からの培養でBorrelia gariniiが検出された。患者は発症の17カ月前にヨーロッパへの渡航歴があるが、臨床所見はオーストラリアでの感染を示している。罹患期間は少なくとも2年間におよんでいるが、従来の血清学的、組織病理学的な検査結果は陰性であった。

We report a case of Lyme borreliosis. Culture of skin biopsy was positive for Borrelia garinii , despite repeated priort treatment with antibiotics. The patient had travelled in Europe 17 months before the onset of symptoms, but the clinical details indicate that the organism could have been acquired in Australia. The results of conventional serological and histopathological tests were negative, despite an illness duration of at least two years.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ