【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

とりこまれる自然:日本的心性の展開 その二

書誌事項

タイトル別名
  • Incorporating Nature:Development of the Japanese Mentality, part 2

この論文をさがす

抄録

Western landscaping aesthetics include the notion of “vista” from where the entire landscape can be seen from one location. By contrast, Japanese gardens, representative of the circuit style garden, are designed to present varying views as one walks along a path winding around changing terrain. In other words, the viewer of the garden is subject to unexpected aspects of nature, and it represents the idea that humans do not dominate or control, but rather they follow the ecology of nature. This characteristic can also be seen in the attempt to incorporate mystical aspects of light and darkness in traditional Japanese houses, the attempt to highlight the essence of ingredients themselves in Japanese cuisine, and the attempt to follow the body’s natural lines in Japanese traditional clothing.

In addition, one can observe the culture to enjoy the incidental aspects of “by course of events, or by chance.” An example can be seen in the form of renku, where several participants take turns to add their lines to an ongoing poem, and pleasure is found in the development and outcome of the poem.

These characteristics of the Japanese mentality will be analyzed in the writings of Yasunari Kawabata and Kanoko Okamoto.

一望のもとに全景を収められるような「ビスタ」(通景、眺望)とよばれる西欧の造園美学に対して、回遊式庭園に代表される日本庭園は、逆に、地形の変化に沿って進んでいくにつれ眺めが移り変わっていくように仕組まれている。つまり自然の変化の妙に鑑賞者が従うのであり、人間が自然を支配、操作するより、むしろ、自然の生態に人間が従おうとする発想を示している。こうした特質は、陰翳の妙をとりこもうとする日本家屋、素材を生かそうとする日本料理、体型に沿おうとする和服などにも見られる。

一方、複数の参加者が交互に他人の句に自句を付けあって、その展開の妙を一座で楽しむ連句の形式には〈なりゆき―偶然〉の妙を楽しむ文化ともいうべきものが見られるが、こうした発想を小説創作にそれぞれの流儀で応用した川端康成と岡本かの子の小説作法を分析する。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ