【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

対立遺伝子特異的ネステッド増幅法によるアルコール脱水素酵素遺伝子およびアルデヒド脱水素酵素遺伝子のSNP解析

書誌事項

タイトル別名
  • SNP analyses of ADH and ALDH genes using an Allele Specific Nested Amplification (ASNA) method

この論文をさがす

抄録

type:Bulletin

一塩基多型(SNP)は体質や様々な疾患の罹病率と密接な関係があるため,ポストゲノム研究の重要なテーマの一つとされている。我々は,最も基本的なSNP解析法であるAllele Specific Amplification (ASA)法を改良し,2回のPCR操作でSNPタイピングすることが可能な対立遺伝子特異的ネステッド増幅(ASNA)法を新たに開発した。 ASNA法でアルコール脱水素酵素2遺伝子とアルデヒド脱水素酵素2遺伝子のSNP解析を行った結果,非特異的増幅がなく,正確なSNPタイピングが実現できた。 ASNA法は簡便かつ信頼性の高い技術として種々の遺伝子診断検査に応用可能と考えられる。

identifier:群馬保健学紀要. 23, 125-130 (2003)

identifier:1343-4179

identifier:https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/handle/10087/1580

identifier:群馬保健学紀要, 23: 125-130

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ