【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

言葉を選び合いながら,言葉の感覚を磨く : 俳句づくりを通して,言葉の魅力を探る(国語科第3学年)

書誌事項

タイトル別名
  • Choosing expressions by group discussion and Improving the understanding of the words. -To prove the attraction of words through making haiku (Japanese Course the third grade of junior high school)-

抄録

第2学年では,短歌の学習を通して歌人の生き方や短歌が詠まれた背景についてとらえることで,選 び抜かれた言葉に込められた作者の思いを読み取った。そして,その思いを下敷きにして,歌に込めた い自分の思いを明確にし,自作の短歌を詠んだ。しかし,よりよい表現を目指して,子どもたち同士で 添削を行った際には,込めたい思いは明確でも,それをどのようにして言葉にすればよいのか悩む姿が 見られた。 そこで,本実践では,俳句の鑑賞を通して,言葉同士が互いに支え合い影響し合う中で,言葉が生き 生きと働くことを実感し,獲得した語彙や表現の工夫を自作の俳句に取り入れさせたいと考えた。その ことが,言語表現について考え,豊かな言語感覚を身につけることにつながると考える。

収録刊行物

  • 福井大学教育実践研究

    福井大学教育実践研究 32 69-75, 2008-01-31

    福井大学教育地域科学部附属教育実践総合センター

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050564287743333632
  • ISSN
    1342-7261
  • Web Site
    http://hdl.handle.net/10098/1648
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ