CiNii Researchの本公開について

Abundance of Zooplankters on a Rocky Shore of Kasenga, Southen End of Lake Tanganyika

書誌事項

タイトル別名
  • タンガニイカ湖南端における動物プランクトン相

この論文をさがす

抄録

type:Article

Abundance of zooplankters was examined by net collection on a rocky shore at the southern end of Lake Tanganyika. Zooplankters collected were copepoda, Ostracoda, shrimp larvae, Protozoa and Rotifera. No Cladocera was found. The species composition was rather simple and similar to that reported at the northwestern end of the lake. But the density of Rotifera was higher at the southern end. As the density of planktophagous fishes was higher about five times at the northwestern end than at the southern end, higher density of Rotifera in the study area may be due to the lower predation pressure by fishes.

タンガニイカ湖南端に位置するカセンガの岩場で,動物プランクトンの調査を行った。橈脚類,貝形類,エビ幼生,原生動物と輪虫類が採集されたが,枝角類はまったく見つからなかった。タンガニイカ湖北西端のルハンガと比較すると,種類相に大きな違いはなかった。しかし,ルハンガに比べてカセンガではプランクトン食魚類の密度が低いためか,輪虫類の密度はカセンガの方が高かった。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ