CiNii Researchの本公開について

青年海外協力隊活動におけるミドルマネジャーとの相互作用に関する検討 : 内省に至らせるプロセスに着目して

書誌事項

タイトル別名
  • A study on the interaction between middle managers as part of the activities of the Japan Overseas Cooperation Volunteers : Focusing on the processes leading to reflection

抄録

type:text

In another paper in this journal, the author examined what factors may promote and hinder the formation of relationships between Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCV) and their counterparts as part of the activities of the JOCV. The current paper focuses on how relationships between JOCV participants and middle managers develop where the participants are stationed. Specifically, this paper used a grounded theory approach to analyze three processes: how "circumstances involving the middle manager" develop, what sort of "Dialogues between the JOCV participant and the middle manager" take place as a result, and how "The local organization becomes reflective." In a sense, encouraging the local organization to be reflective plays an important role in activities of the JOCV. \n筆者は本紀要の別稿にて青年海外協力隊事業において、カウンターパートと隊員の協働作業のための関係形成において、何が促進要因・阻害要因となりうるかを検討した。本稿では、そこでの検討を踏まえて、派遣先のミドルマネジャーとの関係がどのように展開していくものなのかに着目した。特に「ミドルマネジャーを取り巻く状況」がどのようになっているかにより、「隊員との対話」がどのようになされるか、そしてそれによって、どのように「組織がリフレクティブになる」のかという変化の過程をグラウンデッドセオリーによって分析した。リフレクティブになるということはある意味で、青年海外協力隊の本質的な役割を果たすものと考えられる。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050564287978607232
  • ISSN
    0388-2152
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1351/00000818/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ