CiNii Researchの本公開について

戦後のドイツにおける脱ナチ化の様相(2)

書誌事項

タイトル別名
  • Die Situation der Entnazifizierung über die Architektur des Dritten Reichs 2 Die Beispiele in München

抄録

type:text

小論では、戦後のドイツにおける脱ナチ化の活動について、ミュンヒェンの主要建築に的を絞り、実見したデータを元にして、「破壊」「転用」「変更なし」「廃墟」の四つに分類し、その特徴を抽出した。その結果をまとめ、さらに別稿で考察したベルリンの事例と比較し、ミュンヒェンではベルリン同様に脱ナチ化において、ナチの紋章の除去によって建物を破壊せずに脱ナチ化の条件を整えた点で共通性を示しつつも、ミュンヒェンでは比較的に政治中枢の建物が残されており、それらを芸術的な転用によって脱ナチ化を計っていたことが確認できた。さらに戦前にナチ推奨の現代美術の展覧会場としてつくられた「ドイツ芸術の家」では、名称を「芸術の家」に変えたものの、戦後もあえてそのまま展覧会場とし、戦前に退廃美術として排斥された作品を展示することで、本来の意味での近代美術の復権と施設の脱ナチ化を計ったことが認められた。負の遺産について設けられた市内各所の説明板については、近年部分的に取り外されており、脱ナチ化の後退と捉えられる面が見られたため、今後も脱ナチ化の活動を注視する必要がある。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ