【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

「創作家の態度」(4)仏訳

書誌事項

タイトル別名
  • <<Le comportement du créateur>> (4)
  • 翻訳

この論文をさがす

抄録

type:論文

夏目漱石の「創作家の態度」は,1908(明治41)年2月15日,東京朝日新聞社が主催する,朝日講演会の第一回として,神田美土町の青年会館で行われた。他の講演者三宅雪嶺,内藤鳴雪,杉村楚人冠らであった。 「文芸の哲学的基礎」と「文学論」の論点とは異なり,この講演では「物」と「我」の対立ではなく,「我」と「非我」の対立として問題を立て直している。 「我」を主とするものを「主観的態度」,「非我」を主とするものを「客観的態度」として,文学の様態を,既存の文学史やジャンル分けに拘束されない形で再編成している。 本講演のテキストはかなり長いものであるため,今回は(第一段)(第二段)(第三段)を紹介する。この続きは次号以降に順次訳出する予定である。

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ