【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

千葉県果樹園土壌の特性(2)

書誌事項

タイトル別名
  • ブドウ園土壌の特性とその生産性

この論文をさがす

抄録

海成砂質土のぶどう園について優良園,不良園それぞれ6点について,土壌調査,きゝとり調査,作物の観察,分析調査を行い,優良園と不良園の土壌の性質について比較研究を行った。その結果は次のとおりである。(1) 優良園土壌と不良園土壌の化学性の間にはあきらかな差は認められなかった。(2) 海成砂質土におけるぶどうの根群伸長好適条件はち密度23-24mm以下,水分率18以上,固相率35-52,空気率14以上の範囲である。(3) 固相率の高い土壌は四分位偏差大きく,とくにシルト分多く、粗砂の骨格構造の中にシルト分が入って,ち密層が形成されたものと思われる。(4) 根群伸長好適条件層を表土の厚さ,有効土層の深さにかわって,ぶどうの海成砂質土における生産性分級に用いることが合理的であることを明らかにした。

identifier:40972

identifier:ZZ00016679

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ