【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ソルガム品種の出穂開花性に関する生理遺伝学的研究(2)

書誌事項

タイトル別名
  • 短日要求型品種の限界日長と短日感応時期

この論文をさがす

抄録

ソルガム短日要求型品種の限界日長および短日感応時期を明らかにする目的で、短日要求型品種・風立(F1)とその両親品種など4品種を供試し、3種の日長処理実験を行った。その結果、ソルガムの適日長が12時間以下にある。また風立への短日効果は12.25時間日長に閾値があることから、風立の限界日長は、12.25時間近傍にあると推察された。また、短日要求型品種・風立の短日感応は、出芽後15-30日、約3-5葉齢時に12.25時間日長下にあることが最低条件であると考えられた。

identifier:672304

identifier:ZZ00014871

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ