【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

性成熟時および性成熟後のホルスタイン種雄牛における月齢,体重,精巣周囲長,精液性状および血中テストステロンとエストラジオール-17β濃度の関連性

この論文をさがす

抄録

性成熟時のホルスタイン種雄牛(n=5)と性成熟後のそれら(n=7)を対象に6週間に渡って月齢、体重、精巣周囲長(SC)、精液性状、血中TとE2濃度との関連性を調べたところ、SCは両群の月齢および体重と正の相関、性成熟時の精子運動性との有意な相関、性成熟後の精子濃度と有意な相関を示した。性成熟後では、E2濃度は精液採取後および凍結融解後の精子運動性と正の相関を示した。これらの結果、性成熟後の牛精巣機能は、エストロジェンが重要な役割を果たし、それは生体内における精子運動能の発達にとって重要と思われた。

identifier:760124

identifier:ZZ00004754

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ