【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

スギ曲り材を利用したストランドランバーの製造(2)

書誌事項

タイトル別名
  • ストランドの配向角が曲げ強度性能に及ぼす影響

この論文をさがす

抄録

スギストランドランバーにおけるスギストランドの配向角が曲げ強度性能に及ぼす影響を検討した結果以下の結論を得た。1)スギストランドの配向角が曲げ強度性能に及ぼす影響は、垂直方向の方が水平方向よりも大きい。2)垂直方向の配向角の曲げ強度性能に及ぼす影響は大きく、配向角3°で、曲げ強さは、対照の約70%、6°で約40%であり、ヤング率は、それぞれ約85%および65%であった。3)水平方向の配向角の増加にともない、曲げ強度性能は低下し、曲げ強さは、配向角10°で対照区の約60%であり、曲げヤング率は約65%であった。4)スギストランドの垂直および水平方向への配向角は、スギストランドランバーの曲げ性能強度に大きな影響を及ぼすので、フォーミングの際、スギストランドが適正に配向するように配慮する必要がある。

identifier:762223

identifier:ZZ00013100

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ