【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

北海道北西部日本海沿岸における石狩湾系ニシン産卵床と藻場の分布

この論文をさがす

抄録

1996年から2007年にかけて、北海道北西部沿岸藻場において、ニシン産卵床を探索した。産卵床は1998年以降、1地区当たり1〜7カ所で確認された。調査期間中、産卵床は次第に石狩市厚田以西に形成される傾向が見られた。2002年までは水深2m以浅に産卵床が形成されたが、それ以降はより深所にも形成された。推定産卵数は特に石狩市厚田で多く、2004年には381億粒と最多であった。稚内市を除く藻場面積は169万〜254万m2の範囲にあり、80%以上の藻場が水深5m以浅に分布した。産卵床として利用された藻場面積は、留萌市で4〜9%、それ以外は2%以下であり、現状の石狩湾系ニシンの資源水準を維持するには十分と推察された。ただし、今後資源水準がより高まった時には局地的に不足することも考えられ、より深所での藻場造成等、対策を検討する必要がある。

identifier:791517

identifier:ZZ00009275

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ