【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

堆肥脱臭法により産生した窒素付加堆肥の利用に関する研究(1)

書誌事項

タイトル別名
  • コマツナ栽培試験による肥料効果の検証

この論文をさがす

抄録

type:論文

窒素付加堆肥ペレットを用いてのコマツナのポット栽培試験を行った結果、化学肥料と同等の生育や収量を示し、施肥窒素の利用率から施用量の目安となる本堆肥の肥効率(硝酸アンモニウムを1とする)は0.6〜0.7と計算された。本堆肥の施用による発芽阻害や生育遅延は認められず、堆肥ぺレットの径の違い(3mm、5mm)による生育量や養分吸収量に差は認められなかった。跡地土壌の化学性に及ぼす影響も小さく本堆肥は速効性肥料の代替として利用が可能と考えられた。

identifier:791676

identifier:ZZ20011749

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ