【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

沖縄県における暖地型芝草の被覆速度と成育特性(1)

書誌事項

タイトル別名
  • センチピードグラスとセントオーガスチングラス6月植付け

この論文をさがす

抄録

type:論文

沖縄県における暖地型芝草利用のために,センチピードグラス(Eremochloa ophiuroides Hack 以下センチピード)とセントオーガスチングラス(Stenotaphrum secundatum O. Kuntze 以下セントオーガスチン)をもちいて,植付量はセンチピード種子7.5g/m2,セントオーガスチンはほふく茎(2節苗) 4本/m2の水準で6月植付けし,被覆速度と成育特性を調査した。その結果は次のとおりであった。1.被覆速度について,植付後120日のセンチピードの被覆率は94.7%セントオーガスチンは47.0%とセンチピードの被覆速度が速く,また両草種とも年内刈取りが可能であった。2.植付後2年目(2005年)における年間乾物収量は,センチピードとセントオーガスチンそれぞれ214.2および197.3kg/aであった。また,平均乾物消化率はセンチピード52.6%,セントオーガスチン50.4%とセンチピードが有意に高かった。

identifier:813223

identifier:ZZ20031758

収録刊行物

  • 試験研究報告

    試験研究報告 43 38-41, 2006-12

    沖縄県畜産研究センター

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ