【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

森林総合研究所モデル木造住宅の性能評価

書誌事項

タイトル別名
  • 空気音および床衝撃音遮断性能

この論文をさがす

抄録

type:論文

森林総合研究所では、安全性・快適性・耐久性・省エネルギー性を重視した木造住宅の設計コンペを実施し、その最優秀作品(森林総合研究所2009)をモデル木造住宅として建設した。モデル木造住宅の壁や床には、耐震性を高めるため構造用スギ厚物合板が使われている。また、蓄熱と吸放湿効果が見込まれる土壁や蓄熱土間が組み込まれており、室内の温熱環境の改善の工夫が施されている。このような仕様では、通常の木造住宅より外壁の遮音性は高いと考えられる。しかし、1階の天井を設置しないで梁あらわしの床構造となっていることや階段部分を含めて一部が吹抜になっていることから、屋内では高い遮音性を発揮させるというより、デザインを重視するとともに採光や換気を考慮した設計となっている。このようなモデル木造住宅の音環境の性能を把握するため、2階の各室と1階の食堂居間ならびに2階の寝室と子供室の室間音圧レベル差を測定するとともに、2階の各室を音源室として食堂居間で床衝撃音レベルを測定した結果を報告する。

identifier:850733

identifier:ZZ00010758

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ