CiNii Researchの本公開について

カンカケイニラAllium togashiiの保護のための研究

書誌事項

タイトル別名
  • カンカケイニラ再導入個体の遺伝子解析

この論文をさがす

抄録

type:論文

カンカケイニラは,香川県小豆島の寒霞渓周辺の集塊岩地帯にのみ自生する多年生草本の固有種である。現在は自生個体が激減し,環境省レッドデータブックでは絶滅危惧IA類,香川県レッドデーターブックでは絶滅危惧I類に指定されている。香川県は,「カンカケイニラ保護事業計画」を策定し,環境保健研究センターでは,自生個体を増殖し自生地へ再導入するため,2006年よりカンカケイニラの栽培を行ってきた。しかし,個人から譲渡された個体や種子を栽培・増殖したため,自生地の移植に先立ち,自生個体と栽培個体の遺伝的同一性を明らかにした。

identifier:851169

identifier:ZZ20008623

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ