【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

家畜排せつ物由来の液肥利用技術の確立(1)

書誌事項

タイトル別名
  • メタン発酵消化液の圃場散布時におけるアンモニア態窒素揮散量の推定

この論文をさがす

抄録

type:論文

メタン発酵消化液を圃場に散布し利用する際には,アンモニア態窒素の揮散を考慮する必要がある。本研究では,メタン発酵消化液の散布利用の促進を目的として,メタン発酵消化液を圃場散布した際に揮散するアンモニア態窒素量の推定を行った結果,以下の通りであった。1. アンモニア態窒素の揮散は,メタン発酵消化液散布直後から確認され,時間の経過に伴って減少した。2. 散布6日後には投入したアンモニア態窒素量のうち約6%が揮散した。以上の結果から,本県北部の土壌におけるメタン発酵消化液の散布の際には,消化液が土壌に速やかに吸収される条件下では多量なアンモニア態窒素の損失は起こらないことが示唆され,本県における液肥利用の有効性が示された。

identifier:890923

identifier:ZZ20031758

収録刊行物

  • 試験研究報告

    試験研究報告 51 57-59, 2014-11

    沖縄県畜産研究センター

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ