CiNii Researchの本公開について

ELISA法を用いた麻痺性貝毒プランクトンの毒量測定

この論文をさがす

抄録

type:論文

2014年7~12月に,若狭湾西部海域において採取された麻痺性貝毒原因種であるG. catenatum細胞を用いて,ELISA法により23検体の1細胞当たりの毒量を調べた。定量された毒量はND~135fmol PD-STXeq./cellであり,水温の低下する11月以降から毒量の増加傾向が見られた。毒量の低い時期であっても100cells程度の少量の細胞数で定量可能なことから,本手法は麻痺性貝毒プランクトンの毒量を測定するツールとして有効であると考えられた。

identifier:891618

identifier:ZZ20038127

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ